死んだら生まれ変わります

天理教は生まれ変わりを信じる教えです。

死んでも、またこの世に生まれ代わってくるので、死ぬことを「出直し」と呼んでいます。

 

じつは、一神教です

神様を、人間の親として、信仰しています。

ですので、「親神様」という呼び方をしています。

 

 

目指すべき世界観は、陽気ぐらしです

助け合いを通して、すべての人が明るく勇んだ陽気な心となり

他の人々と共に喜び、共に楽しむことができる、そういう世界です。

 

 

病気治しで広まってきました

天理教は今から約180年前、江戸時代後期のころに、奈良県天理市で発祥しました。

病気治しや安産の神様として、世の中に広まっていきました。

 

良くない心遣いを「埃」に例えます

他の宗教と同じように、自分勝手な心遣いを戒める教えがあります。

天理教では、自分勝手な心遣いを「埃」に例えて説いています。

「埃」は気が付かないうちに積もっているものです。

同じように、「自分勝手な心遣い」も気が付かないうちに使っているもんだよ、という教えです。

 

毎日、朝夕に祈りの時間があります

毎日、朝と夕方に祈りの時間があります。

この祈りの時間に、心の埃を掃除しています。

 


参拝の仕方


 

sanpainoshikata_01.jpg

sanpainoshikata_02.jpg

 

 

よくある質問

 

天理教の建物って、なんて呼ぶんですか? お寺? 神社?

「教会」と呼びます。国内には約1万6千か所。足立区内には約50か所あります。
私は、教会の長なので、教会長や会長と呼ばれます。
そのままだと呼び捨てっぽいので「会長さん」と呼ばれています。

 


天理教って、仏教?

違います。 天理教と仏教は、仏教とキリスト教くらい違います。

 


天理教って、神道?

違います。 神道と違って一神教です。
100年くらい前に「神道」の様式を取り入れたことがあったので、儀式の一部に神道っぽいところが残っています。

 


天理教の教会から毎日太鼓の音が聞こえてくるけど、なにしてるのですか?

朝、夕のお祈り(おつとめ)の時間です。
それぞれ、朝づとめ、夕づとめと呼び、20~30分程度です。
当教会は、朝は7時(日曜日は8時)、夕方は午後6時からつとめます。

 


ときどき昼間に太鼓や拍子木の音がするのですが?

月次祭(つきなみさい、と読みます)です。大体2時間くらいです。
月に一度、日にちを決めて行います。
当教会では、毎月5日午後1時から行っています。

 


本山や聖地みたいなところはどこですか?

奈良県天理市にあります。
「おぢば」または「本部」と呼んでいます。

 


子供のころ「おぢばがえり」ってのに誘われたことがあります。

今でも、続いています。
夏休みの時期に天理で開催されていて、昭和29年から毎年続いています。
「こどもおぢばがえり」は中学生以下の子供たちが対象で、どなたでも参加できます。

 


高校野球の天理高校って、天理教の学校なんですか?

そうです。

 


観光で天理に行くことって、できますか?

誰でも神殿の中に入る事ができます。拝観料はいりません。無料で中に入れます。
神殿近くに案内所がありますので、説明してもらうことも可能です。
近くに宿泊施設もありますが、そこを利用する場合は、教会を通して予約する必要があります。

 


ふ~ん!って思った方はこちらもどうぞ。

教会長のほぼ週刊ブログ

 


天理教の公式ホームページはこちら

天理教公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)