死んだら生まれ変わります

天理教は生まれ変わりを信じる教えです。

死んでも、またこの世に生まれ代わってくるので、死ぬことを「出直し」と呼んでいます。

 

病気治しで広まってきました

天理教は今から約180年前、江戸時代後期のころに、奈良県天理市で発祥しました。

病気治しや安産の神様として、世の中に広まっていきました。

 

良くない心遣いを「埃」に例えます

他の宗教と同じように、自分勝手な心遣いを戒める教えがあります。

天理教では、自分勝手な心遣いを「埃」に例えて説いています。

「埃」は気が付かないうちに積もっているものです。

同じように、「自分勝手な心遣い」も気が付かないうちに使っているもんだよ、という教えです。

 

毎日、朝夕に祈りの時間があります

毎日、朝と夕方に祈りの時間があります。

この祈りの時間に、心の埃を掃除しています。

 

ちなみに一神教です

神様を、人間の親として、信仰しています。

ですので、「親神様」という呼び方をしています。

 

 


参拝の仕方


 

sanpainoshikata_01.jpg

sanpainoshikata_02.jpg