教会長のほぼ週刊ブログ

こんな教会にしたいです

トップページにも書いています。

 

「なんとなく、ほっとする」

そんな教会を目指しています

 

ときどき言われるんです。

「なぜか、長居してしまう」

とか

「畳のせいでお尻に根が生える」

とか

 

天理教を信仰している、していない関係なく言われます。

 


 

こども食堂を始めたころにも言われました。

 

その日は足立区の担当者の方がこども食堂の見学に来ていました。

いっしょに食事してもらい、手伝いもしてくれました。

 

そのときに言われたんです。

 

田舎にある親戚の実家に来ているみたいです!

 

そう言われて、なんかいいなと思いました。

 

家族ほど近いわけでもない、でも他人というほど無関係ではない。

そんな距離感を感じてもらっているのかもしれません。

 

なので、自分たちが目指しているのは、田舎にある本家のおじさん、おばさんという立ち位置ですね。

 

天理教の言葉

 

天理教の教祖の言葉に

 

この家へやって来る者に、喜ばさずには一人もかえされん

 

という言葉があります。

 

これは、天理教が始まって間もないころ、まだ信者さんもほとんどいなかった時の言葉です。

信者さんがいないといっても、それでも頼ってくる人はいました。

いっぽうで新しく宗教を立ち上げたわけで、既存の宗教や親類からもやめるように、いろいろ言われてもいました。

 

そんな中で、言われた言葉が「喜ばさずには一人もかえされん」です。

 

もし、ここの教会の居心地がいいのであれば、その言葉が私たちのベースにあるからかもしれませんね。

 

 

 

  

 

LINE登録するとブログ更新時に通知が届きます

友だち追加