ウソをつかないって難しいよね、という話です。

 

どの宗教にも「ウソはいけません」という教えが入っています。

 

道徳的にもウソはいけないことになっていますよね。

 

たとえば「ウソは泥棒の始まり」という、ことわざがあります。

いっぽうでウソを許容する「ウソも方便」ということわざもあります。

 

ちなみに「方便」は仏教用語だそうです。

 


 

天理教では「神さま、ウソは嫌いだよ」という捉え方です。

 

話がそれますが、天理教の神様が伝えた内容は「おふでさき」という書物に書かれています。

この普通にはなじみのない「おふでさき」という言葉が、毎日新聞のクロスワードに採用されたことがあります。

見つけたときは、こちらが驚きました。

 

毎日新聞.jpg

 


 

話を戻すと、「神さま、ウソは嫌いだよ」は「神の話をウソと思うな」という意味です。
(諸説あります)

 

でも、神様の話をウソと思わないのは結構難しいんです。

 

理屈で理解しようとすればするほど、ウソに思えてきます。

 


 

個人的には理解することをあきらめて「ふ~ん」という受け止め方をするようにしています。

 

そんなのでいいのか、と叱られそうですが、「ふ~ん」という受け止め方にたいして、

怒るようなチンケな神様じゃないと、私は信じているので、たぶん大丈夫です。

 

ようは、信仰を理解するのは難しいと言いたかっただけです。

 

今日のまとめ

 

チンケな神様じゃないよ