どうやら生かされているらしい、という話です。


 

いろんな宗教で、神仏に生かされているという言い方をします。

天理教も「親神様に守られ生かされている」という言い方をします。

 

どう思いますか?

生かされている実感って、ありますか?

 

正直、私にその実感はないです。

 

ただ長い間、そう言われているので、知識としては知っています。

でも、実感はありません。

 

むしろ、死と向きあうような、つらい闘病生活の中にいる人のほうが実感しているんじゃないでしょうか。

 


 

自分には、そういう経験がありません。

だから、どうがんばっても知識のレベルをでないのかもしれません。

 

でも私は、それでよいと思っています。

べつに開き直っているわけではありません。

 

何らかの形で身近に「死」というものが身近になったときにきっとわかる、そう思っています。

 

そのとき「生かされている」という意味を、やっと実感できるじゃないかと思います。

 

私は、それでよいと思っています。

 


 

なにが言いたいかというと、宗教の話や教えも知識として知っているだけで良いんじゃないかということです。

 

必要な時が来れば、その教えを実感することができると思います。

 

信仰とは、科学や学問ではどうにもならない、そんなときのための知識を身につけること、かもしれません。

仏教でいうなら「智慧」という言葉で表現できるのでしょう。

 


 

ちなみに私は「きょうだい児」です。

だから何も知らない人に「生かされているって有難いよね」って軽く言われると

(゚Д゚#)ハァ? ってなります。

 

 

ようは、教えを実感するって難しいよねって言いたかっただけです。

 

今日のまとめ

 

いつか実感するときがくる