クリスマスはキリスト教の教会に行ってみよう

12月になりました。

12月といえばクリスマスですね。天理教を信仰していても気になります。

ケーキを食べたり、子どもにそっとクリスマスプレゼントを用意したりもします。

プレゼントの置き場は、枕元じゃなくて神殿だったりしますけど。。。

 


 

さて、クリスマスの本家は、やっぱりキリスト教ですよね。

11月にはフランシスコ・ローマ教皇が来日され、キリスト教が大きな話題になりました。

ローマ教皇はカトリックです。

もうひとつのプロテスタントとの違いはわかりますか?

中学校のときに習っているはずなのですが、けっこう忘れちゃいますよね。

この機会にぜひググってみてください。

大人の教養として知っておくと、いつか自慢できるときがくるかもです。

Google検索 カトリックとプロテスタントの違い

 

 


 

教養ついでに、この時期にキリスト教の教会で行われる「クリスマス礼拝」に、参加してみてはいかがでしょうか。

クリスマスに近い日曜日に、多くの教会で開催されるようです。

キリスト教の教会数は全国で8000カ所以上あるので、都市部であれば自転車で行ける範囲内に複数あると思います。

でも、どうやって探すのか、いきなり行っていいのか、どうやって入ればいいのか、わからないですよね。

 


 

そこで、こんな本があるんです。

私は図書館で借りて読みました。読んでみたところ内容がよかったので、早速購入しました。

 

 

この本の著者はもともとキリスト教とは無縁の女性です。

そして「知的好奇心で教会に興味をもった」著者が「礼拝初心者」という立場で書いた本です。

 


 

この著者がいろいろな教会に行ってみた結果、どんな体験をしたかをまとめています。

初めていく教会を見つる方法は、街中で偶然見つけるか、ネット検索だそうです。

また、その教会の内情を、中に入らずに判断する方法も掲載されています。

その方法は「ホームページ」「外掲示板」

  • ホームページ
    • 「住所やアクセス方法」「礼拝時間」「問い合わせできる電話番号かメールアドレス」
      この3点がわかりやすくなっていることが大事
  • 外掲示板
    • ポスターや張り紙が古かったり、内容(牧師や神父の名前など)がホームページと違っているところはバツ

 

興味がありましたら、図書館で借りるか、Amazonで購入してみてください。

 

クリスマス礼拝で本物の宗教に触れてみる

 

伝統ある宗教の教えに良い悪いや優劣はありません。

クリスマスを機会に、近くにある教会が安心できそうなところであれば、ぜひクリスマス礼拝に行ってみてはいかがでしょうか。

イベントではない本物の宗教にふれるとことで、何か新しい発見があるかもしれません。

 


 

キリスト教では、11月30日に最も近い日曜日から12月24日までの期間を「アドベント」と呼ぶそうです。

この「アドベント」は英語の「アドベンチャー」の語源になったと言われています。

ぜひ教会への冒険を楽しんでみてください。