自分を変えるのって大変だよね、という話です。

icon.png

 

自分を変えようと思っていても、なかなか変えられない、そんな人って結構いるんじゃないかと思います。

どうしても自分を変えたいという方は、ぜひ 「空き缶を1個拾う」

そんなことから、始めてみてください。

 


 

過去に、こんな質問をされたことがあります。

「どうしても相手とうまくいかない、やっぱり自分を変えたほうが良いですかね?」

その人は、人間関係の悩みで相談にきていました。

 

「そうかもしれないけど、自分で自分を変えるのって無理でしょ」

これが、その時の私の答えです。

 


 

自己啓発の本は、いつの時代でもよく売れているそうです。

それだけ自分を変えたいという人が多い証拠なのでしょう。

 

自分が変わるというのは、結局は自分のことです。

強く変わりたいと思えばできそうだけど、やっぱり難しい。

なんなら、変わろうと思っただけで満足してしまうことも。。。

 


 

そんなときは、他人の目を利用するといいかもしれません。

 

例えば、「空き缶を1個拾う」

こんな簡単なことでいいんです。

まずは、簡単な何かを決める。

 

そして、これを一か月間、毎日続ける、って宣言してみてください。

宣言する方法は、家族でもいいしSNSでもブログでもいいんです。

 

SNSやブログに投稿するのはちょっと勇気がいると思いますが、

実際は、だれも気にしないし、気にされたとしても2~3日です。

それでも、なんとなく自分だけは、他人の目を意識することができるようになります。

 

他人の目を意識しながらでも続ける。

これだけでも自分の中に、ちょっとした変化を感じられると思います。

 


 

でも、どうしても、他人には伝えられない。

そんな時は、近くの神社やお寺でもいいので、そこの神様に誓いに行ってみてください。

 

ひとつ前のブログで神社でのお参りについて書いてます。
神頼みにはお礼も大事、という話です。

 

天理教の場合、この神様に誓うことを「こころ定め」と呼んでいます。

厳密にいうと少し違うのですが。。。

 

ちなみに「毎日空き缶を1個拾う」は、20年ぐらい前に私が使った「こころ定め」です。

思ったよりも大変でしたけど、結構おすすめです。

 

 

今日のひとこと

 

空き缶を拾ってると、自分の評判も良くなるんです。

 

 

天理教東王子分教会(足立区)