宗教は掃除が好きだよ、という話です。

icon.png

天理教には「修養科(しゅうようか)」という信仰を学ぶための制度があります。

奈良県天理市にある天理教の施設で3か月間の共同生活をします。

座学で教えを勉強したり、お祈りの仕方を覚えたりします。

 


 

「修養科」の説明をすると「修行?」ってよく聞かれます。

 

ん~、たぶん皆さんが想像している修行とはだいぶ違うと思います。

滝にも打たれませんし、座禅を組んで瞑想することもありません。
(講義中に寝る人は、たくさんいますけど...)

 

それでも、あえて修行っぽいことをあげるとすると

  • 朝が早いこと
  • よく掃除をすること

でしょうか。

 


 

修養科に入って勉強する人を「修養科生(しゅうようかせい)」と呼びます。

私は、宿泊施設で修養科生の世話をする立場です。

私のような立場を「教養掛(きょうようがかり)」と呼んでいます。

 

だいたい2年に1度くらいで、教養掛の役が回ってきます。

この役が当たると、私は天理に1か月間泊まり込むことになります。
 


 

さて、数年前、私が教養掛をしていたときのことです。

修養科生に20歳前の男の子がいましまた。

あるとき彼からこんなことを言われました。

「自分の班、このあと○○の掃除なんすけど~、あそこ、そんなに人いらなくないすかぁ?」

 

若い子の言葉だと、伝わる感じがしないですね。。。

 

ようは

「自分の班は、このあと○○の掃除です。あそこの広さなら、班の人全員は必要ないと思います。倉橋さんは、どう思いますか?」

ということですね。

 

なので、こう答えました。

「掃除じゃないからね。」

 

「えっ、掃除じゃないんすか?」

キョトンとしていました、その男の子。

 

目の前でキョトンとする顔って、めったに見ませんよね。

なんか嬉しかったです。

 

「うん、掃除なら人はいらないけど、掃除じゃないからね。」

 


 

宗教では、汚れていない所でも掃除します。

汚れていないどころか、むしろキレイなくらいの場所も掃除します。

畳の部屋だったり廊下だったり、毎日掃除するところは、まず汚れていません。

 

それは、「掃除」ではなく、「磨く」という表現が合っているかもしれません。

 

回廊ひのきしん.jpg

 

タイトル画像のような木の廊下で考えると、わかりやすいと思います。

まったく汚れていない、チリひとつ落ちていないような木の廊下をふく。

掃除しているようにも見えるし、磨いているようにも見えます。

 


 

天理教に限らず宗教には、その行いを心に反映させるという考え方があります。

 

掃除ではなく廊下を磨く、それは「自分の心を磨くこと」と言えるのです。

 

「自分の心を磨く」

天理教的に言えば「心の埃を払う」という言い方になります。

 

天理教では自分中心の勝手な心遣いを「埃」に例えて話をします。

いくら掃除をしても、すぐに積もるのが埃です。

しかも気が付かないうちに積もっています。

 

人も自分中心の勝手な心遣いは気が付かないうちに、すぐに使ってしまう、そんな「埃」のようなものだと教えられています。

 

だから、埃が積もる前に廊下を掃除するように、自分の心の埃も払いましょうということです。

 


 

ちなみに、今回の見出し画像は天理教教会本部の廊下です。

そして、掃除をしているのは、なんと仏教のお坊さんたちです!

この写真を撮影したお坊さんが偶然知り合いだったので、許可をもらって使わせてもらいました。

(少しだけ明るく加工しました)

 

せっかくなので、同じ写真が使われている記事を紹介しておきます。

ぜひ読んでみてください。

 

 

今日のまとめ

 

掃除は奥が深いですよ!

 

 

 


天理教東王子分教会(足立区)