6月5日にホームページをリニューアルします。

宗教って、そもそもなんだろう

 

天理教は宗教です。

ところで宗教ってそもそも何なんでしょう。

個人的には、信仰を支える環境と考えています。

 


 

ちょっと、Wikipediaを検索してみました。

 

人間の力や自然の力を超えた存在への信仰を主体とする思想体系、観念体系であり、また、その体系にもとづく教義、行事、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。

Wikipedia

 

・信仰を主体とする思想体系

・その体系にもとづく集団

 

どうやら、思想とその集団のようですね。

なんとなく分かるような気がします。

 

一方、信仰は

 

神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。

Wikipedia

 

とあるので、個人に帰属する言葉のようですね。

こっちも何となくわかるような気がします。

 

最初に、宗教は「信仰を支える環境」と書きました。

Wikipediaの要素を加えると

 

宗教は、「個人の信仰を支えるための思想や施設などの環境を備えた集団」と言えるかもしれませんね。

 


 

ところで、信仰は、結局のところ自分と神様や仏様との向き合いかたと言うか、関係だと思っています。

 

でも、自分だけだと神仏とどう向き合えば、どういう関係なのかが分からないから

向き合い方を教える教義と、その信仰体験を実践する場として施設が必要なんでしょう。

 

その教義と施設をそなえた団体が宗教と言うわけです。

スポーツに例えるなら、ルールと競技場みたいな関係ですね。

 


 

ところで、みなさん、「天理教ってどんな教え?」って聞くじゃないですか?

 

正直にいうと、この質問困るんですよね。

 

だって、サッカーってどんなスポーツって聞かれているようなものですから。

サッカーのルールを説明しても、まして競技場の説明をしても結局「ふ~ん。。。」じゃないですか。

同じように天理教の教義を説明しても、まして施設を説明しても結局「ふ~ん。。。」なんです。

 

サッカーの面白さって、やってみなきゃ伝わらないと思うんです。

それと同じで、宗教も体験してみなきゃわからないんです。

 

でも宗教の場合、うっかり体験しようものなら、しつこい勧誘が待ち構えていそうで怖いですよね。

 

そう考えると、まずは個人的なつながりがないところがよさそうですね。

それから、体験っぽいことをやっているところ。

あと参加したときに個人情報を登録しなくて済むところ。

 

そう考えると、以前も紹介した、お寺がやっているテンプルモーニングは、ほんと最適ですね。
(他宗教ですが。。。)

テンプルモーニング

 

 

今日のひとこと

 

うちもなにか始めなきゃ。。。

 

 


天理教東王子分教会(足立区)