6月5日にホームページをリニューアルします。

教会の責任者を「教会長」と呼びます

 

前回の続きです。知り合いから、こんな質問をされました。

「倉橋さんって、住職? 神主?」

 

正解は「教会長」です。

 

天理教の教会の責任者を「教会長」と呼びます。

 


 

このブログのタイトルも「教会長のほぼ週刊ブログ」ですね。

 

ちなみに、信者さんからは「会長さん」と呼ばれています。

「教会長」だと呼び捨てのようだし、「教会長さん」だとちょっと言いにくいからでしょうか。

 

「社長さん」みたいな感じですね。

そんなに偉くありませんが(^^)

 


 

天理教には約1万4千か所の教会があります。

つまり1万4千人の教会長がいるわけです。

※ 実際は、教会長がいない教会もあります。

 

だから天理教の本部がある天理市に行くと、たくさんの教会長が集まります。

 

そんなときは、教会の名前をつけて区別しています。

(教会の名前については 前回のブログ に書いています)

 

私の場合だと「東王子の会長さん」と呼ばれます。

 


 

信者さんにかかわらず、教会に来た時は「会長さん」と呼んでもらえると返事しやすいです。

「倉橋さん」だと家じゅうが「倉橋さん」なので。。。

 

 

top_01.jpg

 

 

 


天理教東王子分教会(足立区)