教会長のほぼ週刊ブログ

箱根駅伝

正月恒例の箱根駅伝!

今年もいろんなドラマがありました。

 

毎年1月2日は個人的に予定があるので見ることはできないのですが、3日は朝からテレビをつけっぱなしにして見ています。

 

10人の選手が1本のタスキを必死に走ってつないでいく。

抜くか抜かれるかの場面では、どっちを応援しているのかわからなくなります。

 

でも、やっぱり一番の見どころは、中継地点でタスキが繋がるか繋がらないかのシーンです。

 

繰り上げスタートになったらもう大変です。

 

ことしも10区の専修大学でありました。

10秒ほど間に合わず、目の前で繰り上げスタート。

見ていて大騒ぎしました。。。

 


 

ところで、箱根駅伝に参加している大学って宗教系の大学も多いんです。

 

  • 創価大学:創価学会
  • 青山学院:キリスト教(プロテスタント)
  • 立教大学:キリスト教(カトリック)
  • 駒澤大学:曹洞宗
  • 國學院:神道


宗教戦争って言っている人もいるようです。

「箱根駅伝 宗教戦争」で検索してみてください。

 

まぁ天理大学の学生が全員天理教ってわけでないのと同じように、箱根駅伝の選手がその宗教を信仰しているかは分かりません。

 

 

天理教の言葉

 

 

一手一つ

 

 

「いってひとつ」と読みます。

みんなで一緒になってやっていきましょうって感じの意味です。

駅伝にぴったりの言葉だなと思います。

ちなみに天理大学ラグビー部のスローガンにもなっています。

 

 

  

 

一覧に戻る


LINE登録するとブログ更新時に通知が届きます

友だち追加