教会長のほぼ週刊ブログ

おススメの本

先日、仕事関係の人と飲みにいってきました。

※ 私、天理教の教会長以外の仕事もしているんです。

 

そこで、ちょっと重めの話を聞くことになりました。

相手の話しが一通り終わったときに、こう言われます。

「倉橋さんなら聞けると思って話した」と。

 

そうですね。

今までいろんな人の話を聞いてきましたので、まぁ大丈夫です。

 

内容は家族の問題でした。

そういう時、基本的にアドバイスはしないように心がけています。

 

そのかわり、おススメの本を紹介することにしています。

相手によって紹介する本は違ってくるのですが、その中でも特に多いのが

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本です。

今回もその本を紹介しました。

 

 

国内で27万部も売れているので、読んだ人もいるかもしれませんね。

 

小さな箱.jpg

 

夫婦関係で問題を抱えている方や、親子関係で問題を抱えている親御さんに、この本はお勧めです。

 

ちなみにこの本を読んでも、問題が解決するわけではありません。

問題解決の秘訣なんかも書かれていません。

 

それでも、私がこの本を推すには理由があります。

 

問題を解決するチャンス、それは決して多くありません。

でもそのチャンスまでにどんな準備をしますか?

何も準備していないと、結局今までと同じように解決できないままです。

だからこそ、この本を読むことはその準備なるんです。

 

子育て中の親御さんにもおススメです。

 

一度、図書館で借りてみてはいかがでしょうか。

 

天理教の言葉

 

事情 じじょう

 

 

天理教では、病気や怪我など身体的なことは「身上 みじょう 」と呼んでいます。

それに対して、人間関係とトラブルや事故などを「事情 じじょう 」と呼んでいます。

 

いまの「事情」をどのように受けとめるか、受け入れるか。

それを「教え」の中からひねり出すのが、私たちの仕事です。

 

 

 

 

  

 

一覧に戻る


LINE登録するとブログ更新時に通知が届きます

友だち追加