亡くなった人を御霊様として祀っています、という話です。

 

天理教の場合、死んだらどうなるんだということについて話します。

 


 

前回のブログでこんな風に書きました。

 

 

  • 死んだらまたこの世に生まれ変わります。

だから死ぬことを「出直し」と言います。

 


 

この世の中に生まれ変わってくる

 

天理教の場合、死んだら、天国もなければ、地獄でもありません。

また、この世の中に生まれ変わってくるということになっています。

今の体は置いていって、新しい体になって生まれ変わってくるということです。

 

生まれ変わるときは、神様から新しい体を借りて生まれ変わってくるよ、という発想です。

ここの考え方が、ほかの宗教と違うとこです。

 

 


 

体を神様から借りて生まれてくる

 

生まれ変わってくるときの体は、自分で作ったりすのではなく、神様から借りるっていう発想です。

つまり生まれ変わるときに新しい体を借りるってことは、今の体も神様から借りてるという考え方です。

借りるのは自分自身ですから、この借りる自分自身をと呼んでいます。

 


 

亡くなった人を祀る

 

天理教では、亡くなられてた人を御霊様(みたまさま)としてお祀りしています。

 

なんか気になりませんか?

 

魂は生まれ変わってくると言っているのに、御霊様としてお祀りするんです。

だって生まれ変わったら、そこにいないでしょ?

なにを毎日拝んでいるんでしょう。

 

じつは、この部分をどう解釈していいか、天理教の教えの中にないんです。

各自の解釈、天理教的に言えば各自の悟りに任されています。

 

 


 

各自の悟り方次第


 

私なりの悟り方です。

「魂」が生まれ変わっても、前世の「記憶や感情」というものはありません。

この生前の「記憶や感情」つまり「心」です。

この心こそが、霊様としてそこに祀られ、そこに留まっているんじゃないかと考えています。

 

ちなみに、天理教では御霊様をしのぶために、年に2回お彼岸の時期に御霊祭というものをしています

そこで、祭文をというのを読み上げます、

そのなかの言葉に「御心放たず御見守り下さい」という言葉をよく入れます
(「みこころ、はなたず、おみまもりください」と読みます)

 

そういうことからも、やはり、御霊様としては生前の心が、そこにいるのだなと、そういう思うようにしています。

まぁ実際はわかりませんけど、あくまでも、私なりの解釈、悟り方です

 


 

どうぞ、皆さんなりに、亡くなられた、出直された方の心に寄り添うしのび方を、なさってください

きっとその思いは届くはずです。

 

 

今日のまとめ

 

死んだら、わかるかも...