食事の前に手をたたくよ、という話です。


 

天理教には食事に関する信仰的な決まり事がありません。

あるといえば、「食材を無駄にしない。食べ残しをしない。」くらいでしょうか。

 

ごく当たり前で道徳的な範囲内です。

 


 

逆に心配

 

宗教によっては、食べる前にきちんとお祈りしたり、食事中に話してはいけないとか、

食べてはいけない食材があるとか、いろいろ聞くことがあると思います。

 

じつは天理教の場合、そのあたりの決まりごとが全くないのです。

書いていても、緩すぎるようで、なんだか宗教としてちょっと心配になります。

 


 

習慣ならあります

 

それでも、いちおう、なんとなくやってしまう習慣みたいなことならあります。
(信仰的な意味はたぶん全くないはずです)

 

それは、『食事の始まりと終わりに手を「パチパチ」と2回たたく』

これだけです。

 


 

合図があります

 

一人で食べるときは、食べ始めるときと、食べ終わったときに手をたたくだけです。

 

複数人で同時に食事をするときは、タイミングを合わせるための掛け声があります。

合図する人が「合掌、いただきます」全員で「パチパチ、いただきます」って感じです。

食事が済んだ時は「合掌、ごちそうさまでした」全員で「パチパチ、ごちそうさまでした」って感じです。

 

子どもたちが大勢いて騒がしい時には、ホイッスルを使うことがあります。

合図する人が「合掌、ピーッピッ(ホイッスル)」全員で「パチパチ、いただきます」って感じです。

天理教教会本部で毎年開催される「こどもおぢばがえり」という行事の中でよく見る光景です。

 


 

謎習慣のピーッピッ

 

ところが、このホイッスルを使っていた影響か、口でホイッスルの代わりをする人がいます。

「ピーッピッ」って口で言うんです。

口笛じゃないです、声です。

 

合図する人が「合掌、ピーッピッ」全員で「パチパチ、いただきます」って感じです。

たぶん、知らない人が見たら、絶対変ですよね。

「ピーッピッ」って口で言うの。

でも、みんなやっています。騒がしくなくても、大人だけでも、やっています。

 

完全に天理教の謎習慣と定着しています。

このあたりが宗教ゆえの、変わったところと言えば変わったところかもしれませんね。

 

今日のまとめ

 

合掌、ピーッピッ!