20円分の円形脱毛症だよ、という話です。

icon.png

15年ほど前、まだ30代の頃のことです。

小さい会社の創業メンバーとして働いていました。

そのとき会社の規模に比べて、かなり大きめの仕事を受けたことがあります。

 

その仕事をしているときに、気が付くと10円ハゲが2個できていました。

合わせて20円分の円形脱毛症です。

 

自分では気が付いていなくても、それなにりストレスを感じていたみたいです。

円形脱毛症はストレスが原因って言われていますよね。

 


 

天理教では、ストレスの原因になるようなことを「事情(じじょう)と呼んでいます。

人間関係のトラブルや、離婚、死別などもひっくるめて「事情」です。

 

事情に対して、病気のことは「身上(みじょう)と呼んでいます。

 

「事情」「身上」を合わせて「節(ふし)なんて言い方をすることもあります。

 

「節」は「試練」という言葉が意味的に近いかもしれませんね。

 


 

さて「試練」といえば「乗り越えられない試練はない」というフレーズを聞いたことはないですか。

このフレーズはキリスト教の聖書から生まれた言葉だそうです。

 

正しくは「試練」ではなく「誘惑」だそうです。

だから「乗り越えられない誘惑はない」が正しい言い方みたいです。

 

これは、上馬キリスト教会さんがTwitterに投稿していました。

ちなみに、上馬キリスト教会さんってフォロワーが10万人以上もいて、結構有名なんですよね。

私も、こっそり(?)フォローしています。

 

上馬キリスト教会さんが投稿した内容を引用します。

 

 

 

最後の「どうか背負いすぎないでください」良い言葉ですね。

 


 

それでも、背負わなきゃならない試練

天理教的に言えば、通らなければならない節

は、長い人生で何度か経験するでしょう。

 

だからこそ、神様に話を聞いてもらったり、思いを吐き出せる、そんな場所や空間が、人には必要なんでしょうね。

 

いっときでも背負っているものが軽くなるような、そういうお手伝いができればいいな、と私は思っています。

 

 

今日のひとこと

 

乗り越えられない試練はある!

 

 

 


天理教東王子分教会(足立区)